無理なく継続できる節水方法

誰でも出来るトイレ、風呂、キッチンの節水方法

家の中には、水を使う場所が多くありますね。
トイレ、お風呂、キッチン、洗面所など、私達の生活は水無しでは成り立ちません。

しかし好きなだけ水を使うとなると、水道代もかかりますし、環境問題的にも好ましくない状況です。
そこで、道具を使わず手軽にできる節水方法をご紹介します。

トイレ

トイレで効果的な方法は、タンクの貯水量を調整し変更することです。
手を洗うところを開くと水面に浮く丸い部分があり、その位置を調整すると溜まる量が少なく変更されます。それによりトイレを流す時の水量が減るのです。
また、水を流す時に「大・小」をちゃんと使い分けることも大事です。

お風呂場

風呂に関しては、シャワー等をこまめに止めることが一番です。
湯をはる回数を減らす、または半身浴程度の量にするのも実行しやすい方法です。

キッチン

キッチンに関しては食器洗いの回数を減らすことです。
食器を少し貯めてから洗うことで、水量は大きく減らすことが出来ます。
しかし食器を洗わずに置いておくと大腸菌などバイキンが繁殖するので、しっかりと洗剤をつけて洗うようにしましょう。

非現実的で、あまりに極端な節水は、生活に支障をきたすだけでなく精神安定上も良くありません。無理のない方法を取り入れるようにしましょう。

節水に便利なグッズとは

水道代は毎月のものですので、少しでも安くなって欲しいと願うものですが、今では節水することが出来るグッズが沢山出てきています。

今回挙げるのはお風呂で使えるもので、「節水シャワー」があります。

水を使う場所の中でも、風呂場はシャワーを多く使うので、一番水の使用が多いといえます。
そして水の量が多ければ水圧を感じることができ、”全身しっかり洗えている”と感じるため水量を多く使いがちです。

そんなときに、節水シャワーは水圧を弱めることなく使う水の量を減らすことが出来ます。
その理由はシャワーヘッドの穴が普通よりも小さく設定されていますので、使う水の量は同じでも水圧が強くなります。ですから節約して惨めだと思うことなく、手軽に節水することが出来るのです。

また手元に水を止めるボタンが付いていますので、使わないときにはすぐにとめることによっても節水できます。

他に節水できるグッズとしては、トイレで使用することが出来る「NEWドルフィンセーブ」があります。
このグッズはトイレの排水の量を調節することが出来るものです。
普通トイレの排水は汚物をきっちりと流すため多くの水の量が必要とされていますが、これを使用することによって、適切な水の量にしながら、トイレのつまりを気にすることなく節水することが出来ます。

グッズは更に簡単に節水ができて継続しやすいので、取り入れるのもおすすめです。

エコで経済的!節水できる最近の設備

節水を考える際は、設備自体を見直すということも重要になってきます。
最新の家電製品や設備には、節水ができて環境にも優しく、経済的なものが多く出てきています。

その一 トイレ

トイレは細心の設備を利用すると意外と多く節水が出来る場所です。
昔のトイレは流す水の量が多かったのですが、それはとにかく水で汚物を流せればいいという考えからです。
今のトイレは水流を工夫して汚物を少量の水で流せるようになっています。実際、昔と今では大を一回流すごとに10リットルも水量が違うそうです。

貴方のご家庭では一ヶ月に何回、大で流しますか?その回数だけ節水が出来ると考えるとかなりの効果が期待できると思います。

その二 洗濯機

洗濯機もまた大きく水を使うところです。節水ができれば大きな効果が期待できるでしょう。
もともと洗浄力が良ければ、洗剤も少なくて済みます。洗剤が少なければ水量も少なくてすむんです。つまりは高性能な洗濯機を選ぶのが良いでしょう。

例えば「エコナビ」機能というものがついたパナソニックのドラム型洗濯機、これは非常に便利です。
洗濯機自体が汚れの量を測って、適切なエコ運転をしてくれます。これならば節水もしっかり自動でやってくれるんです。

最新の設備には節水に工夫があるものがいっぱいです。
節水に興味がある方は一度調べてみるのをお薦めします。

このページの先頭へ