水栓を改めて見てみよう

主な水栓紹介

私たちが使用している水栓には幾つかの種類があります。この水栓の種類は時代や家庭環境と共に移り変わってきました。

まず最初に上げる水栓の種類は「単水栓」です。
単水栓という名前からもイメージが出来るように、蛇口の手前まで水が管を通して来ており、その水の量を調整したり、止めたり出したりするために蛇口がつけられています。
蛇口の位置は様々ですが、基本的に蛇口を左に回すと蛇口の中のスピンドルがあがり水が排出されます。
昔は給湯器が家に設置されている家が少なかったために、この単水栓が設置されている家が多かったのですが、いまでは単水栓は外の水や利用の水道や洗濯機の水道にしか用いられなくなりました。

次に紹介するのが「2ハンドル混合栓」です。
2ハンドル混合栓は、水とお湯の量をそれぞれの蛇口で調整してちょうど良い温度のお湯をハンドルから出すことが出来るものです。
もちろん、水だけ、お湯だけを出すことも出来ます。

他にも「シングルレバー混合栓」があります。
これは先ほどの2ハンドル混合栓と似ていますが、2ハンドルでお湯を調整していたのを、シングルレバーで調整できるようになりました。
それによって水の量、温度の調整が簡単になりました。

最後に紹介するのは「サーモスタット混合栓」です。
シングルレバー混合栓では水の量、温度を適切に調整することが出来ましたが、急に水の量が変わったりした場合に同じ温度を保つことが出来ませんでした。
それでサーモスタット混合栓が開発されて、いつでも同じ温度でお好みの量を出すことができるようになりました。

水栓も便利に進化しています

キッチンに必ずあるもの言えば「水栓」ですね。
キュッと蛇口をひねって使うというのは過去の話。いまは水栓も進化していて、便利なものがあるんですよ。

例えば、蛇口やハンドルに手を触れなくても水を出すことができる水栓というものがあります。
「タッチレス水栓」と呼ばれています。

センサーに手をかざすと水が出るので、調理の最中に手が汚れていたり、手が塞がっているけれど水を出したいという時に非常に便利です。
また手をかざすだけで簡単に水を止めることができるので、水の流しっぱなしによる水道代も節約できること間違いなしです。

また、足元で水を出したり止めたりすることができる商品というのもあります。
「フットスイッチ」と呼ばれています。

足元に水栓のスイッチがあり、そのスイッチを足で押すことで水を出したり止めたりします。
一般的に蛇口やハンドルというのは、体をちょっと前に倒してシンク奥まで手を伸ばさなければいけませんが、その必要がありません。
また台所仕事というものには流れがありますが、その動作の邪魔をせず最小限の動きの中で水を出したり止めたりできるので、キッチン作業の効率化にも貢献します。

他にも機能的でオシャレな水栓がたくさん出ていますので、チェックをして使い勝手の良いキッチンをつくりましょう。

水まわりの修理時は止水栓と元栓を閉めましょう

水まわりのトラブルは急に発生することがほとんどで、慌ててしまい余計事態を悪化させてしまうこともあります。
特に水漏れとなると焦りも募るものですが、そういった場合の対応を知っておけば落ち着いて対応出来ます。

止水栓を閉めましょう

まずトイレ・キッチン・洗濯機など、全ての水まわりの修理時には”止水栓を閉める”必要があります。
空けたままですとタンクが溢れたり、水浸しになってしまうので必ず閉めるようにしましょう。

トイレの場合は便器の横(新しい一体型の場合は便器下にあるパネル内等に)にあることが多く、キッチンや洗面所は下にあるキャビネット内に設置されています。

ハンドルレバーが付いていない場合は「マイナスドライバー」を用意しましょう。幅の広いものを使用する方が楽に作業できます。
どのタイプでも基本的に右に回すと閉めるようになっています。
止水栓が固くて回らない時は、家屋全体の元栓を閉めれば対応できますので、力を入れたり無理に回さないようにしましょう。故障の原因になってしまいます。

止水栓を閉められない場合は、元栓を閉めましょう

家屋の元栓は水道メーターの横に設置されています。
形状は様々ですが、こちらも右回りに回すと閉まる点は止水栓と同様です。

作業前に注意して欲しいのが、「回す前の位置を覚えておく」こと。
再び開ける際にその位置を覚えておけば、開きすぎたりすることもなく安心です。

このページの先頭へ