自分でできる洗面所の悩み解決

洗面台の水垢・黒ずみを綺麗にしよう!

毎日顔や手を洗ったりと使用する洗面台も時折清掃してやらなくては汚れが溜まってしまいます。
そしてそうやってこびりついた水垢や黒ずみは雑巾で拭いた程度では落ちてくれません。

ですが方法を知りさえすればそれは簡単に落とすことが出来ます。

一般的に汚れを落とすには重曹を使うことが好まれますが、水垢や黒ずみに対してはあまり効果がありません。

水垢はアルカリ性の汚れですのでそれには「クエン酸」が有効です。
クエン酸は粉状の物が簡単に購入できますので、家にストックしておくとよいでしょう。
そのクエン酸を水に溶かして、スポンジに含ませて擦ってやれば、水垢は驚くほど簡単に綺麗にできます。

さて今度は黒ずみですが、これは多くの場合カビであることが多いです。
カビは根元から根絶しなければなりませんからここは素直に「キッチンハイター」などの塩素系の漂白剤を使用しましょう。

黒ずみのある辺りをあらかじめ濡らしておいて、そこに漂白剤を振りかけます。
それから30分ほど放置してから水で流せばそれだけで黒ずみは綺麗に流せます。
ここで注意すべきことは、あまり長い時間放置しておかないことです。洗面台が変色してしまう可能性があるのでそれだけは気を付けましょう。

洗面台は毎日何度も利用する可能性のある場所です。常に清潔に保つようにして、気分よく毎日を過ごしましょう。

洗面台の詰まり直し方法

洗面台は日常的に使用するものでその使用頻度は高いと言える場所です。
使う回数が多ければ、当然どんな物でも劣化したり不具合を起こしやすくなるもので、例えば洗面台の場合は「排水口が詰まったり」などのトラブルが発生してしまいます。

では実際にそんな事態が起きてしまった時は、どんなふうにすれば速やかに解決できるでしょうか?

1.排水口のゴミ受けチェック

まず一番最初に確認すべきは排水口のゴミ受けです。
ここに髪の毛などが溜まって詰まっているだけならそれを取り除くだけで解決できます。

2.排水パイプの掃除口チェック

ゴミ受けに問題ないのであれば、次に確認すべきは洗面台の下の排水パイプになります。
これには洗面台によってS字トラップやP字トラップという違った種類の排水パイプがついていると思います。そのどちらにも、多くの場合は簡単に分解可能な掃除口がついています。

掃除口がついていればキャップナットを外すだけで簡単に中のごみを取り除くことが出来ます。
水が流れますから、予め受け用のバケツを用意してキャップナットを開けます。
あとはそこから割りばしなどでつまりの原因となっている物を取り除きましょう。

3.パイプごと取り外してチェック

それでも駄目なようなら、パイプごと取り外して中を綺麗にする必要があります。
そしてそれでも解決できないのならばここは素直に業者に頼んだ方が無難です。

洗面台は日常的に使用する場所です。
トラブルが起こったら速やかに解決して健やかな生活を送りましょう!

洗濯機の排水溝が詰まった時は

人間が生活する以上、衣類に汚れは必ず発生します。そしてそれを綺麗にしてくれるのが洗濯機になります。
ですが衣類についた糸くずや埃は少しずつ洗濯機の排水口に溜まっていきます。
塵も積もれば山となるというように、それはその内に排水口を詰まらせる原因となってしまいます。

では実際に詰まってしまった時にはどう対処すればよいのでしょうか?

1.排水口の確認

まず最初にするべきことは排水口の確認です。
排水口が洗濯機の隣などにあればよいですが洗濯機の下にある場合はまず洗濯機をどかす必要があります。

2.蓋を外す

さて排水口を確認したらまずその蓋を外します。
そうするとその下に排水トラップと呼ばれる筒状のものが見えると思います。これも簡単に取り外せますので外しましょう。

3.つまりの除去と掃除

そうするとその下から、つまりの原因となるゴミやぬめりなどが見えてくると思います。
ゴミは取り除けば済みますがぬめりは簡単には落ちません。
重曹などを振りかけて30分ほど置いて、その後にお湯をかけて洗い流しましょう。
後は仕上げにスポンジや歯ブラシなどで擦ってやれば驚くほどあっさりとぬめりを落とすことが出来ます。

4.排水トラップを戻す

この時排水トラップを戻す際には、そこに必ず水を入れることを忘れないようにしましょう。
水を入れることで空気の通り道を防ぎ、下水の臭いが上がって来ないようになっているのです。

以上が洗濯機の排水口が詰まった際の対処法です。手早く行って日々の洗濯の妨げにならないようにしましょう。

このページの先頭へ