トイレのお役立ち情報

トイレ内をピカピカにする掃除の手順

トイレの便器、手洗い場、床について、それぞれ掃除方法をご紹介していきます。

トイレの便器の掃除をするときは、まず最初に水抜きをしてください。
用意するものは、「トイレ用の中性洗剤や酸性洗剤、ブラシ」になります。
バクテリアの付着や赤サビ、さらにカビなどの汚れは、基本的にそれらを使って落とすことが可能です。

しかし、頑固な水垢や黒ずみに関しては、それだけでは綺麗にならないこともあります。
その場合は、クレンザータイプの洗剤を使用してみてください。

ブラシで便器内をこするときは、傷をつけてしまわないよう、必要以上に強い力を加えないことが大切です!

次に手洗い場の掃除ですが、基本的には「酸性洗剤とスポンジ」を用意するだけで大丈夫です。
しかし、水垢がこびりついてしまっている場合は、クレンザータイプの洗剤を試してみてください。
その場合も便器を掃除するときと同様に、こすりすぎには注意が必要です。

最後にトイレの床の掃除ですが、「掃除機とクエン酸スプレー、雑巾」を用意しましょう。
まずは掃除機を使って、床に溜まったホコリなどを取り除きます。
そしてクエン酸スプレーを噴射し、あとは雑巾を使いしっかりと拭き取ったら完了です。

衛生面を考慮し、一度使った雑巾は捨てるのがよいでしょう。

トイレは進化し続ける

人間の生活にとって切っても切れない設備でありながら、余り表立って語られないトイレですが、私達の知らないところでどんどん進化し続けています。

特にトイレと言えば、その性質上汚れやすく、放っておくと不潔になりますので、清掃や清潔に保つことが重要になります。
よってそういう点について配慮した商品が多く開発されています。

まず掃除がし易いようなデザインのトイレが増えています。特にお尻を洗浄するためのシャワーノズルなどは、汚れやすい上に掃除しにくいモノが多かったのですが、今は便器との接着部をあげて、シャワーノズルの下や普段は接着していて見えない便器の部分が掃除しやすくなっています。

そして、便器の縁も古いタイプだと水を流すために深くなっているものが多いですが、最新型は縁がない形状のモノが増えています。
このデザインにより、便器の縁の掃除がしやすくなっています。

また、トイレ自体の機能により、洗浄力をアップしたり、汚れにくくしたりする商品も出て来ています。
家庭用の台所の洗剤を利用して、通常の水に混ぜて流しながらトイレを洗浄するモノや、除菌力を高めた水を流すモノなどもあります。
変わり種では、男性が立って使用する際に、泡の水面で跳ねを防ぎ汚れを予防するトイレなども出て来ています。

そしてトイレと言えば、1日で水を大量に流しますから、節水が重要となってきます。
渦巻状の水流で、少ない水で綺麗に流せるタイプや、流す水の水圧を高めて、少ない量でも隅々まで流せるモノも出て来ています。

このように、日本におけるトイレの開発競争は継続して続いており、まだまだ新しい機能の付いたトイレが出てくることは間違いなく、トイレはますます快適な空間となっていくでしょう。

自分でできるトイレのトラブル対処

トイレのトラブルは色々ありますが、よくある症状の一つに「水が出なくなった!」「詰まった!」があります。
業者に連絡する前に自分でできる対処法をご紹介します。

水が出なくなった時は

まず水が出るか確認しましょう。断水はしていないか、元栓は閉まっていないか、配管が凍結、或いは破損していないか、などなどです。

水の供給に問題がない場合、止水栓が閉まっていないか、開度が十分かチェックしてください。

止水栓に問題がない時は、タンクに水が溜まっているかを確認してください。
タンクに水がない場合は、浮き玉が引っかかっていないか、ずれていないか確認して正しい位置に直してください。

トイレが詰まった時は

よくある道具にラバーカップ(スッポン)がありますが、正しく使うことが大切です。
詰まったら何度も無理に水を流してはいけません。

まず、水が便器にあふれるほどの量であれば汲み出して減らします。
そしてラバーカップを排水口を塞ぐようにかぶせます。
この時、ラバーカップが水から出ていたら、カップが水に隠れるくらいまで水を注いでください。

排水口にカップが密着してきちんと覆っているのを確認したら、静かに押します。
そして今度は力を入れてラバーカップを引き抜いてください。この動作を何度か繰り返せは簡単なつまりは取れるはずです。

このページの先頭へ