シンクのお役立ち情報

キッチンの排水管が詰まった時は

キッチンを長く使っていると排水管がつまることがあります。
主な原因は”食べ物のカス”や”油”、”洗剤”などがすこしずつ蓄積されて固まったものです。

水が流れにくい、詰まったと感じた時にまず自分でできる対処法は、排水パイプ用の洗浄剤を使用することでしょう。初期の詰まりならこれで解決できます。

色々な種類がありますが、一般的な商品「パイプハイター」などはパイプに直接投入し、30~60分ほど水を流さずに置いておいた後、流すだけです。
1時間以上放置せず、他の種類の洗浄剤は混ぜない、手袋をして作業し部屋は換気することが重要です。

また、最近では少し価格の高い業務用の排水管洗浄剤「ピーピースルー」なども人気があります。

洗浄剤で取れない頑固な詰まりはラバーカップを使うといいかもしれません。
トイレ用のものとは別に、シンクの排水口の形やサイズに合ったものを選びましょう。

使い方は、まずゴム製のカップを排水口にぴったりと密着させて押し当てます。
この時、カップが隠れるくらいになるまでシンクに水を溜めてください。水に入っている状態でないと効果がありません。

そのままカップをゆっくりと押し、力を入れて一気に引き上げます。
引き上げる際に水がはねることがあるので注意してください。

この動作を何度か繰り返すと排水管の詰まりが取れます。

いずれにせよ、排水管の汚れが固くなってしまうと上記の方法はなかなか効果がありませんので、定期的な排水管掃除を心がけたいものです。

キッチンの排水口周りを綺麗にするには

家事を行う際に最も利用する頻度の多い台所ですが、特に排水口や排水口周りは汚れが付きやすく、食材の切れ端や残飯などでヌルヌルの状態になり易いです。
シンクに関しても水垢などが付きやすく汚れが落ちにくい場所です。

排水管も注意しないと詰まってしまい水が流れなくなる場合もあるため、定期的な清掃が必要な場所と言えます。

排水口や排水口周りを掃除するのに最適なのが「重曹とお酢」で、どちらも料理などに使用する為ほぼどの家庭にも置いてあるものです。
これを使用することで排水口周りのヌルヌルなどを綺麗に取り除くことが可能になります!

使い方は重曹の場合は、そのまま排水口に振りかけてそれに水を加えてしばらく置くと、重曹の効果で汚れが浮き上がり落としやすくなります。
後は浮かび上がった汚れをスポンジなどで落とせば掃除は完了となります。

お酢に関しては酸性ですので、排水口周りに付着しやすい水垢やカビといった汚れの原因になるものを除去することが出来ますし、定期的に使用すればヌルヌルを防止することも出来ます。
お酢の場合は水で薄めて霧吹きなどで吹きかけるだけで効果があります。

カビなどが落ちたら水で流しておけば排水口周りも綺麗になります。
重曹やお酢を使用する場合には、手が荒れることがありますので必ず手袋の着用をしましょう。

排水管の手入れに関しては、バケツなどに水を入れて一気に流すだけで中に溜まっているゴミなどを流すことが出来ます。
しかしヌルヌルが酷い場合は中に髪の毛などが絡まり詰まりの原因となるので、その場合は排水管を綺麗に出来る「排水管クリーナー」を数か月おきに使用すれば綺麗な状態を維持することが出来るでしょう。

シンクの水垢もお酢で安心お掃除!

食器でも手でも、洗うときには水を使いますよね。
ただ、あれだけ水をジャブジャブ使っているのに、知らず知らずのうちにキッチンシンクや蛇口等は白く濁った汚れがついているもの。いわゆる水垢です。

これ、一説によると水に含まれる石灰質がたまってできるらしいです。ザラザラ不快だし、なんだか気持ち悪いですよね。
しかも水由来の汚れだから、単なる水洗いではなかなか落ちない、やっかいな汚れです。

とはいえ、キッチンはやはり食べ物や食器等、口に入るものを扱う場所なので、あまり刺激のあるものや、体に入ると害になる薬品は使いたくないところ。

そこでオススメしたいのが台所にある「お酢」です!

ちょっと科学的な話になりますが水垢の原因の石灰質はアルカリ性です。
これを落とすには酸性のものがいい…つまりお酢が最適なわけです。

やり方は簡単。布巾にお酢を染み込ませて、水垢が気になる部分を拭いてみてください。軽い汚れならサラっと落ちるはず。
このとき、お酢の匂いがきつく感じるならば少し薄めて使ってもいいでしょう。

布巾で落とせないくらい頑固な汚れならば、お酢を霧吹きで吹きかけ、サランラップ等で密閉。数時間置いてからお酢を拭き取るとシンクが見違えるほど綺麗になっているはずです。
お酢には殺菌効果もあるし、一石二鳥ですね。
もともと調味料ですから口に入るようなことがあっても大丈夫。安心です。

ぜひお試しください。あなたのキッチンが濁りなくピカピカになりますように。

このページの先頭へ