お風呂場のお役立ち情報

お風呂場の水垢・黒カビを除去!

皆さんはお風呂場はこまめに掃除されているでしょうか?
毎日使うお風呂場は、清潔であればそれだけで身体と共に気分もすっきりとします。
溜まった水垢や黒カビはしつこく中々落ちませんが、放置せずに掃除してしまいましょう!

浴槽の水垢とり

さてまずはメインとなる浴槽の水垢を落としましょう
しかし一度こびりついた水垢は洗剤でごしごしやってもなかなか落ちません。
そんな時はまずお風呂が終わった後に、湯船に重曹を入れておきましょう!
そのまま一晩放置すれば次の日には簡単に水垢が落とせるようになっています。

浴槽以外の水垢にはクエン酸を

クエン酸パウダーを水に溶かしたものをキッチンペーパーなどに浸して水垢の酷い場所に貼り付けます。
そのまま数時間放置すれば水垢は簡単に落ちるようになっています。

頑固な黒カビにはラップを

最後に黒カビです。
市販のカビキラーなどを吹きつけても黒カビはなかなか落ちません。
そういう時は吹き付けたのその上にラップをかぶせて密閉させてしまいましょう。そのまま数時間放置すればカビは死滅して簡単に落とせるようになっています。

これらの方法を持ち入れば簡単には落ちない水垢や黒カビも簡単に綺麗になります。
しかしいずれもある程度時間を必要としますのでお風呂上りにぱっと下準備をしておくとよいでしょう。

多少面倒かもしれませんがそれだけで次の日からの掃除がとても簡単になります。
少しの手間で快適なお風呂環境を作りましょう!

放置しがちな排水溝を手軽に綺麗に!

皆さんはお風呂掃除されてますか?恐らくはほとんどの方がしていると答えるのではないでしょうか。
ですがその中のほとんどの方は浴槽しか掃除されてないのではないかと思います。

特にお風呂の排水溝なんかは開けてみたことも無いのではないでしょうか?
確かにお風呂の排水溝は髪の毛が詰まったり妙なぬめりが発生していたりとあまり触れたいものではありません。
ですが放置していても良いものではないので、ここでぱぱっと手軽に掃除する方法を紹介したいと思います。

まず最初に用意するのはいらない歯ブラシです。これならぬめりに手を触れずとも掃除が出来ますので詰まった髪の毛や埃などを取り除いてやりましょう。

髪の毛や埃を取り除いたら次に用意するのは重曹と酢です。
ぬめりのついた排水溝に重曹をまんべんなくふりかけ、その上に酢を掛けてやります。

そうすると重曹と酢が反応してシュワシュワと音を立てて泡立ちます。これによって汚れが浮き上がってくれますので一時間ほど放置したら強めのシャワーで洗い流してやりましょう。
それだけでぬめりに触れることなく排水口は綺麗になります。

仕上げにお風呂用洗剤などで軽く排水口を洗ってやれば臭いもきれいさっぱり消え去る事でしょう。

お風呂の排水口はついつい放置しがちです。
しかし紹介したように簡単に掃除できますので、ぱっとやってしまいましょう!

最新のキレイ、便利なお風呂設備

バスルームの設備も、今はいろいろなメーカーが特色のあるものをたくさん出しています!

浴室の床

まず浴室内の床(フロア)では、水はけがよく乾きやすいのはもちろんのこと、カビやヌメリの原因になる皮脂汚れが落としやすく表面処理されているものがあります。
また、断熱性能に優れているため足の裏がヒンヤリしないもの、クッション性の高さで硬さを感じにくく滑りにくいものなどがあります。

バスルーム特有のヒンヤリ感に関しては、バスルームを床から天井まで丸ごと保温材で囲むことで浴室内の暖かさを保つことができるといったものがあります。

浴槽

浴槽でも、「魔法びん浴槽」と言ってお風呂のお湯の温度低下を防ぐような商品が出ています。
さらに浴槽の裏側に水が入りにくい構造にすることでカビを抑えるようなものがあります。

またバスルームに鏡があるご家庭も多いと思いますが、鏡に白くこびり付くシリカ汚れはなかなか落ちないので困りますよね。
今は鏡も進化していて、鏡自体の水切れを良くすることで水滴を残りにくくし、汚れもひと拭きで簡単に取れる特殊コーティングがされた商品なんていうものがあります。
これならお掃除が楽でいいですね。

さらに地震対策に関心が高まっていることを受け、「耐震システムバス」という震度6強相当でも耐えられるフレーム構造を持ったシステムバスも登場しています。

お風呂をリフォームする際は、更に快適になるように、自分好みの便利な設備を取り入れたいですね。

このページの先頭へ